治験バイトが終わった後

治験バイトが終わった後のフォローも結構万全です。治験期間中でも何か問題があったとすれば、専門のお医者さんに診てもらえます。
普通のバイトでも何か問題があったら、労働災害扱いされて、手当てが出ることもありますが、よほどのことでないと厳しいでしょう。

治験バイトは正確にいうと、バイト扱いではないようです。治験ってお金がもらえるボランティアみたいな立ち位置なので、これだけ手厚いんですね。お金がもらえるんで、個人的にはバイト扱いにしています。とにかく、無理せず楽にお金を稼げるので治験は、割の良い高額報酬のバイトと思っていいでしょう。


治験バイトのリスク

僕の場合、治験バイトに参加し終わったあとに、体に異常が出たことはありませんでした。
ですが、治験バイトの最中に薬を服用しますので、副作用が出る可能性はありますが、本番の治験バイトの前に事前検診を受けられる(というか、正確には必ず受けて、そのあと問題がないと判断されたら本番)ので問題ないです。
ちゃんと前もって準備したあとに、治験参加になるのです。ここが普通のバイトと違って、面倒くさいところかもしれません。

でも、自分の命よりも大切なお金はないでしょう。(そういう人がいたらすいません)
ですので、治験バイトに参加し終わってからの日々に不安を感じられる方がいらっしゃれば、かなりローリスクとだけは言っておきます。もちろん、治験バイトを受けてみて何か問題があったとしても僕が戸rことができる責任はないので注意しといてください。